種族特性

種族特性とは、各種族が持つ個性的な能力の事です。
キャラクターが経験を積み、「れべる」が上がることで、修得していきます。
種族特性は、『修得したもの全て』が、常に発動できる状態(活性化している扱い)となります。

種族特性と職業技能

種族特性は、職業技能と併用して使用する事が可能です。

ステップ判定や、各ダメージ判定は職業技能と同様に判定されます。
また種族特性は、「特殊」というスキルアイコンで表されます。

職業技能同様、『アクティブ』の性質を持つ種族特性は、『1ターンに1回』しか使えません。

種族特性の強化

キャラクターが成長する中で、特定の種族特性が『強化』される場合があります。

強化は、特定のレベルに到達し、同名の種族特性を修得する事で行われます。
強化される前の種族特性は、使用できなくなります。


「覚醒Ⅰ」を保有している状態で、「覚醒Ⅱ」を修得した場合。
「覚醒Ⅰ」は、「覚醒Ⅱ」に強化されたために、「覚醒Ⅰ」は存在しなくなります。

種族特性一覧

各種族毎に修得できる種族特性を一覧でまとめています。
学園生達が経験を積むことで、まだ見ぬ種族特性が知られる事となり、新たに追記されていきます。
学園の発展のためにも、どんどん「れべる」をあげていきましょう!

種族一覧
ヒューマン
ドラゴニア
ローレライ
エリアル
ルネサンス
カルマ
リバイバル
アークライト


ヒューマン

ヒューマンは、特定の精霊の加護は受けていないものの、
その分様々な知恵や経験を積んできた種族です。
種族特性も、そうした歴史によって積み上げられた多様な特性を身につけていく事でしょう。

ヒューマンの種族特性
精霊の見守り(略称:ヒ1)
得意を伸ばすⅠ(略称:ヒ2)
芸術親和Ⅰ(略称:ヒ3)
かしこさ増強Ⅰ(略称:ヒ4)
マド(略称:ヒ5)
三度目の正直(略称:ヒ6)
がまん増強:Ⅰ(略称:ヒ7)
二段ジャンプ(略称:ヒ8)
創意工夫:Ⅰ(略称:ヒ9)
ウィズマ・アーダ(略称:ヒ10)



精霊の見守り(略称:ヒ1)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
レスポンス 自分 ステップ5 なし なし まりょく30 永続 後攻
 
効果
「ステップ5」において、不利属性による攻撃を受けた結果、自分にダメージが発生する場合に発動可能。 エピソード中一度だけ、属性不利によるダメージの上昇を無効化(1倍に)する。
 
解説
大精霊の加護は無くとも、多様な精霊達と関係を育んできた証。時にきまぐれに、精霊は彼らに少しの力を授けてくれる。

得意を伸ばすⅠ(略称:ヒ2)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし プラン値1 なし なし 永続 なし
 
効果
エピソード中一度だけ、プラン値を増やす職業技能の値を更に1増やす。
 
解説
できる事は何度も繰り返し、当たり前にできるよう身につける。

芸術親和Ⅰ(略称:ヒ3)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし プラン値1 なし なし 永続 なし
 
効果
エピソード中、様々な芸術に対して関心を示せる場合がある。稀に芸術に関わるプラン値が1増える。
 
解説
芸術は心のオアシス。沢山の文化に触れることで、異文化にも関心を持つ機会が増える。

かしこさ増強Ⅰ(略称:ヒ4)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし かしこさ1 なし なし 永続 なし
 
効果
常に、エピソード内で「かしこさ」の値を、1増やして判定する。
 
解説
人間は考える葦である。分からないと思う事も賢さへの第一歩!

マド(略称:ヒ5)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ5 たいりょく10 無属性 まりょく10 1ステップ 先攻
 
効果
無属性魔法で魔法攻撃を行う。
 
解説
魔力を使い、両手に収まるサイズの魔力玉を生成する無属性魔法。展開する魔法陣がごく小さな物でも良いため、手のひらや、小さな杖の先から発動する事もできる。
魔力の玉はすぐに発射しないと、空気中に霧散してしまう。

三度目の正直(略称:ヒ6)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
レスポンス 自分 なし プラン値1 なし きりょく10 1ステップ なし
 
効果
同名の「種族特性・職業技能・一般技能」を、同一エピソードで3度使用した際に効果が発動可能。
直前に発動した「種族特性・職業技能・一般技能」に関わるプラン値を1増やす。
 
解説
努力を重ねた先にしか、掴めない未来もある。苦労はいつか報われるものだ。

がまん増強:Ⅰ(略称:ヒ7)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし がまん1 なし なし 永続 なし
 
効果
常に、エピソード内で「がまん」の値を、1増やして判定する。
 
解説
嵐にも負けず、魔物にも負けず。今日も人々はいつも通りの生活を送り続ける。

二段ジャンプ(略称:ヒ8)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 なし なし 無属性 まりょく15 1ステップ なし
 
効果
エピソード中1度だけ、2回連続でジャンプ判定を行う事ができる。
 
解説
足の裏に魔力を込めて、一度だけ空中で飛び上がることができる。

創意工夫Ⅰ(略称:ヒ9)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 なし なし なし なし 永続 なし
 
効果
エピソード中、現地にある素材を使用して何かを制作する際、制作物の持つ効果が稀に少しだけ高くなる。
 
解説
できないことはできるまで。必死の思考は少しずつ結果に繋がっていくことであろう。

ウィズマ・アーダ(略称:ヒ10)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
10 アクティブ 自分 ステップ3 射程1 無属性 まりょく20 1ステップ 先攻
 
効果
ステップ3で発動を宣言後、呪文を詠唱し、ステップ5で発動する。自身の次の「物理攻撃」を「無属性の魔法攻撃」として判定し、射程を1増やす。
 
解説
武器に魔力を込め具現化し、延長された先端で敵を攻撃する。


ドラゴニア

ドラゴニアは、他の種族と比べても独特な、「龍」としての姿や能力が特徴的です。
種族特性も、己の龍としての力を高めていくものが多いでしょう。
それ以外にも、ドラゴニア族に伝わる伝統的な能力も身につけていくはずです。

ドラゴニアの種族特性
龍の翼(略称:ド1)
部分硬質化(略称:ド2)
龍爪撃Ⅰ(略称:ド3)
たいりょく増強Ⅰ(略称:ド4)
龍翼演舞:花(略称:ド5)
がんじょう増強Ⅰ(略称:ド6)
ヒド(略称:ド7)
灼けつく息吹(略称:ド8)
空中適応Ⅰ(略称:ド9)
エンジバの加護:A(略称:ド10)



龍の翼(略称:ド1)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ2 なし なし きりょく10 1ターン なし
 
効果
1ターン、もしくは1分経過するまでの間、状態を「飛行」へ変化させる。飛行状態の間、最大で高さ20m程度まで上昇する事や、時速45km程度で飛行する事ができる。
また、同じ「飛行状態」である敵からの攻撃や、職業技能や幸運判定の影響がある場合を除き、
射程0、1の攻撃を受ける時、幸運判定を行い、1D6=2であれば、攻撃を回避する。この特性は連続したターンで使用できない。
 
解説
大いなる世界にその名を轟かせる、大いなる象徴。翼を一度力強くはためかせ、ジャンプするように舞い上がると、そのまま少しの間、翼を使い飛行できる。

部分硬質化(略称:ド2)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ3 がんじょう5 なし まりょく15 3ターン なし
 
効果
発動後、効果時間の間、「がんじょう」の値を、常に5増やして判定する。
 
解説
龍の皮膚に魔力を込め、力の一部を開放する。解放された龍の皮膚は、その面積を広げて一部部位を覆い隠す。
硬質な皮膚は固く、防御や攻撃技にも応用することができる場合がある。

龍爪撃Ⅰ(略称:ド3)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ5 たいりょく15 無属性 特殊 1ステップ 先攻
 
効果
まりょく:5ときりょく:10を消費して発動可能。武器によらない魔法攻撃を行う。この特性はエピソード中1回しか使えない。
 
解説
片腕に魔力を用いて作り出した龍の爪をまとい、敵を思いきり切り裂く。

たいりょく増強Ⅰ(略称:ド4)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし たいりょく10 なし なし 永続 なし
 
効果
常に、エピソード内で「たいりょく」の値を、10増やして判定する。
 
解説
屈強な環境で生きる龍には、強靱な生命力が宿る。龍としての目覚めはまだまだこれからだ。

龍翼演舞:花(略称:ド5)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 味方全体 ステップ3 特殊 なし きりょく20 1ステップ なし
 
効果
ステップ3で発動を宣言後、ステップ4をスキップし、ステップ5で発動する。射程内の味方の「つよさ」、または「がんじょう」を5増やす。
 
解説
時に堅牢に種を守り、時に大輪を咲かせる花のように。翼をはためかせ美しい舞を踊り、仲間に力を与える。

がんじょう増強Ⅰ(略称:ド6)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし がんじょう1 なし なし 永続 なし
 
効果
常に、エピソード内で「がんじょう」の値を、1増やして判定する。
 
解説
龍の血を宿す肉体が、その力に合わせて成長していく。

ヒド(略称:ド7)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ5 たいりょく10 火属性 まりょく15 1ステップ 先攻
 
効果
火属性魔法で魔法攻撃を行う。
 
解説
魔力を使い、両手に収まるサイズの火の玉を生成する火属性魔法。展開する魔法陣がごく小さな物でも良いため、手のひらや、小さな杖の先から発動する事もできる。
魔力の玉はすぐに発射しないと、空気中に霧散してしまう。

灼けつく息吹(略称:ド8)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵複数 ステップ4 なし 火属性 まりょく20 2ターン 先攻
 
効果
ステップ4で発動を宣言後、ステップ5で発動する。射程内の敵最大3体までに、効果時間の間、状態異常「灼熱」を付与する。
 
解説
大きく息を吸い込み、まりょくを混ぜて吐き出すことで、高熱の熱風を吹きつける。肌を微かに焼くような痛みは、暫くの間相手を苦しめるだろう。

空中適応Ⅰ(略称:ド9)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし プラン値1 なし なし 1ステップ なし
 
効果
自身の状態が「飛行」である場合発動可能。エピソード中1回だけ、プラン値を1増やす事ができる。
 
解説
遙か昔に記された伝記には、このように記録されている。『空は龍の聖域である』、と。

エンジバの加護:A(略称:ド10)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
10 アクティブ 自分 なし なし 火属性 まりょく40 なし なし
 
効果
自身が火属性の「種族特性もしくは職業技能」を使用する際に発動可能。その「種族特性もしくは職業技能」の技能値を1.3倍にする。 この種族特性はエピソード中1回しか使えない。
 
解説
火の精霊王、エンジバに認められた証。自身の中に力の漲りが感じられ始めた。


ローレライ

ローレライは、他の種族と比べても魔力が豊富で、魔法の扱いに長けています。
そうした魔力の操作を通して、敵味方に様々な苦悩や恩恵を与える術を学ぶでしょう。
また、清らかな水の流れは、汚れを祓う力となっていくはずです。

ローレライの種族特性
水心あれば魚心(略称:ロ1)
まりょく増強Ⅰ(略称:ロ2)
清流潔白(略称:ロ3)
含み思考(略称:ロ4)
アクラ(略称:ロ5)
魔力纏(略称:ロ6)
水中呼吸:強化(略称:ロ7)
雨の恵み(略称:ロ8)
言の葉の詩:ノクターン(略称:ロ9)
リーベの加護Ⅰ(略称:ロ10)



水心あれば魚心(略称:ロ1)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ4 特殊 なし きりょく10 1ステップ なし
 
効果
ステップ4で発動を宣言後、ステップ5でいずれかの「支援行動」を行った際に発動する。自分の支援によるボーナスを1.2倍にする。
 
解説
仲間が己の信に足るならば、己も仲間の信に応えてみせるという想い。仲間の行動から、求められているものを察知し、仲間の行動を支援する。

まりょく増強Ⅰ(略称:ロ2)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし まりょく5 なし なし 永続 なし
 
効果
常に、エピソード内で「まりょく」の値を、5増やして判定する。
 
解説
経験を通し、ローレライとしての魔力の使い方を習熟していく。まずはこの一歩から。

清流潔白(略称:ロ3)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
レスポンス 自分 ステップ6 なし 水属性 まりょく50 1ステップ なし
 
効果
ステップ6において、「消滅」・「行動不能」・「重傷」を除く、状態異常が付与された場合に発動可能。幸運判定を行い、クリティカルの時、付与された状態異常を回復する。
 
解説
己の身に降りかかった異常を、急速な魔力循環を用いて穢れた水ごと洗い流す。元の美しさを取り戻す様は、まさに水も滴るいいローレライ。

含み思考(略称:ロ4)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ2 なし なし きりょく30 1ターン なし
 
効果
ステップ2で発動を宣言後、効果時間中に発動した自分の「レスポンス」職業技能が失敗した直後のみ、発動可能。失敗した「レスポンス」の職業技能を再度判定する。
 
解説
後々の事態を想定し、最善の行動を心がける。最悪の事態をギリギリで押しとどめるのは、事前の準備に他ならない。

アクラ(略称:ロ5)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵複数 ステップ4 たいりょく15 水属性 まりょく25 1ステップ 先攻
 
効果
ステップ4で発動を宣言後、呪文を詠唱しステップ5で発動する。魔法攻撃を行う。この攻撃は同時に敵3体までを攻撃できる。
 
解説
空気中の水分・自身の水分・魔力を結合し、水流を生み出して攻撃する。

魔力纏(略称:ロ6)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ4 たいりょく10 まりょく20 1ステップ 後攻
 
効果
ステップ4で発動を宣言後、呪文を詠唱し、ステップ5で発動する。魔法攻撃に対して、魔法防御を行う。この技能では物理攻撃のダメージを軽減できない。
 
解説
魔力を使って生成した薄いベールを纏い、魔法に対する抵抗力を得る。但し、魔力の層は薄いため、物理的な衝撃は緩和しきれない。

水中呼吸:強化(略称:ロ7)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし なし なし なし 永続 なし
 
効果
水中において、通常よりも1.2倍ほど長い時間、呼吸ができる。
 
解説
水に愛された民として力が高まれば、より水への親和が深まっていく。

雨の恵み(略称:ロ8)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 味方全体 ステップ3 たいりょく5 まりょく30 3ターン 先攻
 
効果
ステップ3で発動を宣言後、ステップ5で雨雲を召喚する。雨雲を維持している間、ステップ6で範囲内にいる仲間全てのたいりょくを5回復する。この効果を発動している間、詠唱以外の行動を行う事ができない。
 
解説
魔力を込めた雨雲を生成し、優しく打ち付ける恵みの雨をもたらす。雨の降り注ぐ間、水は傷を癒やしてくれるであろう。

言の葉の詩:ノクターン(略称:ロ9)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵全体 ステップ3 なし まりょく50 3ターン 先攻
 
効果
ステップ3で発動を宣言後、詩を詠唱し、次のターンのステップ5で発動する。1D>5の時、射程内の敵に「睡眠」を付与する。この効果を発動している間、詠唱以外の行動を行う事ができない。
 
解説
言の葉にのせて、届ける想いは「宵の夢を」。静寂な詩(うた)は、相手を眠りへと誘う。

リーベの加護:A

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
10 パッシブ 自分 なし なし 水属性 なし なし なし
 
効果
エピソード中一度だけ、水属性を持つ種族特性の消費魔力を0にする。
 
解説
水の精霊王、リーベに認められた証。自身の中に力の漲りが感じられ始めた。


エリアル

エリアルは、独特な生活形態を通して、森や自然との強い親和を持ちます。
そこで培われた目に見えない絆は、他の種族から見れば不可思議な能力とも言えるでしょう。
また自然界における独特な知識や感性は、まさに特性として、仲間達に様々な影響を与えるかもしれません。

エリアルの種族特性
風の民(略称:エ1)
吉凶運任せ(略称:エ2)
豊穣の儀Ⅰ(略称:エ3)
言の葉の詩:フォルテ(略称:エ4)
フド(略称:エ5)
疾風(略称:エ6)
すばやさ増強Ⅰ(略称:エ7)
わたしの距離感(略称:エ8)
スピリア(略称:エ9)
アリアモーレの加護:A(略称:エ10)



風の民(略称:エ1)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし プラン値1 なし なし 永続 なし
 
効果
エピソード中、風や木々の揺らめきを感じ取ろうとする行動を行った際、その行動に関わるプラン値を1増やす。
 
解説
常に風と共に生きてきた者だからこそ分かる、微かな風の違い。遙か遠くからの悲鳴など、他の種族が気づかないような事に気づく時がある。
ただし、それが誤解である場合も、ままある。

吉凶運任せ(略称:エ2)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし なし なし きりょく50 永続 なし
 
効果
ダイス値を生成する直前に発動可能。次に生成されるダイスの目をランダムで、1か6にする。この種族特性をエピソード中1回しか使えない。
 
解説
風の吹くまま気の向くまま。己の信念に基づいた生き方は、幸運も不運も招く場合がある。

豊穣の儀Ⅰ(略称:エ3)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ なし なし なし なし なし きりょく10 永続 なし
 
効果
自分で設定した祈りの言葉を唱えた際に発動する。植物と明記されたアイテムを食した際、得られる効果が1.2倍になる。
 
解説
自然に対する感謝の気持ちを忘れずに、次の命の芽生えを祈りながら摂取する。心なしか、植物も喜んでいるような気がする。

言の葉の詩:フォルテ(略称:エ4)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 味方単体 ステップ4 プラン値2 なし まりょく20 1ステップ なし
 
効果
ステップ4で発動を宣言後、詩を詠唱し、ステップ5で「支援行動:応援」を選択することで発動する。味方1人を選択し、対象が行うステップ5での行動に関するプラン値を2増やす。
 
解説
言の葉にのせて、届ける想いは「もっと強く」。勇壮な詩(うた)は、仲間に勇気を与える。

フド(略称:エ5)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ5 たいりょく10 風属性 まりょく15 1ステップ 先攻
 
効果
風属性魔法で魔法攻撃を行う。
 
解説
魔力を使い、両手に収まるサイズの風の玉を生成する風属性魔法。展開する魔法陣がごく小さな物でも良いため、手のひらや、小さな杖の先から発動する事もできる。
魔力の玉はすぐに発射しないと、空気中に霧散してしまう。

疾風(略称:エ6)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ5 たいりょく7 きりょく20 1ステップ 先攻
 
効果
「弓」または「投擲」による攻撃を行った際、攻撃命中時、技能値分のダメージを追加する。
 
解説
風の流れを読み、最も効果的なタイミングで打ち出す技術。その早さ、まさに疾風の如く。

すばやさ増強Ⅰ(略称:エ7)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし すばやさ1 なし なし 永続 なし
 
効果
常に、エピソード内で「すばやさ」の値を、1増やして判定する。
 
解説
そよぐ風はただ流れのままに。迷いなき行動は小さな因果を変えていく。

わたしの距離感(略称:エ8)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ2 射程1 なし きりょく10 1ターン なし
 
効果
発動を宣言したターンに限り、1D6>3の時、自身が行う全ての行動の射程を1増やす。
1D<3の時、自身が行う全ての行動の射程を1減らす。1D6=3の時、効果は発動しない。
 
解説
昨日はちょっぴり悲しくて。今日はとってもハッピーで。未来に何があろうとも、いつもわたしはわたしでいたい。

スピリア(略称:エ9)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 味方単体 ステップ2 すばやさ7 まりょく35 2ターン 先攻
 
効果
ステップ2で発動を宣言し、呪文を詠唱した後、ステップ4で発動する。
発動したターンを含め、2ターンの間、指定した自分、または味方単体のすばやさを7増やす。
 
解説
空気中に流れる魔力を、風に乗せて身体に纏わせることで、まるで身体が浮かぶように軽く感じられる。

アリアモーレの加護:A(略称:エ10)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
10 レスポンス 自分 なし なし 風属性 きりょく50 なし なし
 
効果
風属性の「種族特性もしくは職業技能」の発動を宣言した際、この種族特性の発動を宣言できる。
ダイス目を1つ指定する。1D6=指定目だった場合、この種族特性を発動する直前に発動を宣言した「種族特性もしくは職業技能」の消費を0にする。
この技能はエピソード中一度しか使えない。
 
解説
風の精霊王、アリアモーレに認められた証。自身の中に力の漲りが感じられ始めた。


ルネサンス

ルネサンスは、種族全体の個体数がヒューマンと並んで多く確認されている種族です。
地域に適応し、命を育んできたその生き様は、どんな場面でも諦めない精神に繋がっています。
純種と人種の力を使い分け、個性的な特性を身につけていく事でしょう。

ルネサンスの種族特性
祖流還りⅠ(略称:ル1)
やせーの勘(略称:ル2)
魔牙Ⅰ(略称:ル3)
行動習性Ⅰ(略称:ル4)
支援補正:追撃Ⅰ(略称:ル5)
部分獣化:跳躍(非戦闘)(略称:ル6)
群れ思考(略称:ル7)
ドド(略称:ル8)
新陳代謝(略称:ル9)
プロギュートの加護:A(略称:ル10)



祖流還りⅠ(略称:ル1)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ2 特殊 なし きりょく50 1ターン なし
 
効果
自身の状態を「祖流還り」に変化させる。この特性を用いて「祖流還り」状態になったとき、1ターン、または約30秒間経過するまでのどちらか短い時間、全ての基礎能力値2の値が1.2倍になる。
 
解説
血脈に流れる、先祖代々の力を呼び覚ます秘技。キャラクターは肉体全身を30秒程度、純種へほど近い姿に変化させる。
どのような特徴を得るかは、進化元の動物の種類による。

やせーの勘(略称:ル2)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
レスポンス 自分 ステップ5 プラン値3 なし きりょく40 1ステップ 後攻
 
効果
敵の攻撃対象となった際、発動可能。エピソード中1回のみ、プラン値を3増やす。
 
解説
長きに渡り野生で暮らしてきた「勘」は、咄嗟のピンチに思考を超えて発揮される。

魔牙Ⅰ(略称:ル3)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ5 たいりょく7 無属性 まりょく5 1ステップ 先攻
 
効果
武器によらない魔法攻撃を行う。
 
解説
片腕に魔力を込めて爪部分を肥大化させた魔力の塊を作りだし、敵を思いきり切り裂く。

行動習性Ⅰ(略称:ル4)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 ステップ1 プラン値1 なし なし 永続 なし
 
効果
物理的に実現が可能な際に、自身が習慣的に行っている行動を行う。その際、プラン値を1増やす。習慣的に行っている行動は、1つしか設定できない。
 
解説
ほんの些細の事ながら、それをしなければ落ち着くことができない日課的行動を行う。意図せず行ったその仕草が、味方全体に何かをもたらす場合もないとはいえない。

支援補正:追撃Ⅰ(略称:ル5)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ4 ダメージ2 なし きりょく10 1ステップ なし
 
効果
ステップ4で発動を宣言後、ステップ5で「支援行動:追撃」を行った際に発動する。仲間の攻撃のダメージ値を5増やす。
 
解説
群れを成す事もあるルネサンスは、信頼できる仲間と行動すれば協調性が非常に高い。狩りを行う際にも、効果的な行動ができる可能性は、他種族よりも高い。

部分獣化:跳躍(非戦闘)(略称:ル6)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ1 なし 土属性 まりょく20 1ステップ なし
 
効果
非戦闘状態時のみ発動可能。発動時、ジャンプを判定する際、判定結果に1D3の値を追加して判定する。
 
解説
魔力を用いて自身の両足を獣化させ、通常の倍以上の跳躍力を得る。
だが、魔力の生成に集中する必要があるため、戦闘時には使えない。

群れ思考(略称:ル7)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
群れ思考 自分 なし プラン値1 なし なし なし なし
 
効果
仲間とチームを組んで行動を行っている際にのみ発動可能。エピソード中1回だけ、プラン値を1増やす事ができる。
 
解説
かつて先達達は、仲間と徒党を組んで困難を乗り越えた。
その遺伝子は、今なお子孫に受け継がれている。

ドド(略称:ル8)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ5 たいりょく10 土属性 まりょく15 1ステップ 先攻
 
効果
土属性魔法で魔法攻撃を行う。
 
解説
魔力を使い、両手に収まるサイズの土の玉を生成する土属性魔法。展開する魔法陣がごく小さな物でも良いため、手のひらや、小さな杖の先から発動する事もできる。
魔力の玉はすぐに発射しないと、空気中に霧散してしまう。

新陳代謝(略称:ル9)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
レスポンス 自分 ステップ6 特殊 なし きりょく40 1ステップ 後攻
 
効果
ステップ5にて、物理防御、魔法防御、複合防御を行っていた際に発動可能。
幸運判定を行いクリティカルが出た場合、ステップ5で受けたダメージを半減し、状態異常を無効化する。
 
解説
強い衝撃に合わせ、肉体の新陳代謝を強制的に加速させることで、敵の攻撃による影響を軽減する。

プロギュートの加護:A(略称:ル10)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
10 アクティブ 自分 なし なし 土属性 まりょく20 なし なし
 
効果
自身が土属性の「種族特性もしくは職業技能」を使用する際に発動可能。その「種族特性もしくは職業技能」の技能値を1.1倍にする。
 
解説
土の精霊王、プロギュートに認められた証。自身の中に力の漲りが感じられ始めた。


カルマ

カルマは、ある種最も謎多き種族と言っても過言ではないでしょう。
そんな彼らは特殊な肉体を活かした能力と、最も気まぐれともいわれる大精霊によって、
己の役割を見つめるような特性が開花していくかも知れません。

カルマの種族特性
無痛の痛み(略称:カ1)
がんじょう増強Ⅰ(略称:カ2)
たいりょく増強Ⅰ(略称:カ3)
ラド(略称:カ4)
がまん増強Ⅰ(略称:カ5)
雷装Ⅰ(略称:カ6)
リブートⅠ(略称:カ7)
純真無垢(略称:カ8)
体当たり(略称:カ9)
イグルラーチの加護:A(略称:カ10)



無痛の痛み(略称:カ1)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
レスポンス 自分 ステップ5 特殊 なし まりょく10 1ステップ 後攻
 
効果
ステップ5でダメージ計算を行い、「たいりょく」にダメージを受ける際、1D6が奇数の時発動。発動時、たいりょくへのダメージをきりょくへのダメージへと変換する。
ただし、最大たいりょくの半分以上のダメージは変換できない。
 
解説
他種族とは異なる特別な肉体は、本人に痛みすらも感じさせない。だが、この世に傷つかないものなど、本当にあるのだろうか。

がんじょう増強Ⅰ(略称:カ2)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし がんじょう1 なし なし 永続 なし
 
効果
常に、エピソード内で「がんじょう」の値を、1増やして判定する。
 
解説
戦いの中で、その肉体はより争いに適応する。それは誰かを守る力か、それとも……。

たいりょく増強Ⅰ(略称:カ3)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし たいりょく10 なし なし 永続 なし
 
効果
常に、エピソード内で「たいりょく」の値を、10増やして判定する。
 
解説
戦いの中で、その肉体はより争いに適応する。それは己の誇るべき成長か、それとも……。

ラド(略称:カ4)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ5 たいりょく10 雷属性 まりょく15 1ステップ 先攻
 
効果
雷属性魔法で魔法攻撃を行う。
 
解説
魔力を使い、両手に収まるサイズの雷の玉を生成する雷属性魔法。展開する魔法陣がごく小さな物でも良いため、手のひらや、小さな杖の先から発動する事もできる。
魔力の玉はすぐに発射しないと、空気中に霧散してしまう。

がまん増強Ⅰ(略称:カ5)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし がまん1 なし なし 永続 なし
 
効果
常に、エピソード内で「がまん」の値を、1増やして判定する。
 
解説
戦いの中で、その肉体はより争いに適応する。魔力に対する抵抗力は、更にその力を強めていく。

雷装Ⅰ(略称:カ6)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ2 なし 雷属性 まりょく20 2ターン なし
 
効果
効果時間の間、自身の利き腕に装備した武器による、通常攻撃/通常防御が「雷属性」となる。
この種族特性による属性変更は、後から発生した属性変更に上書きされる。
 
解説
自身に刻まれた魔法陣から魔力を引き出し、己の腕に雷を宿す。

リブートⅠ(略称:カ7)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
レスポンス 自分 ステップ7 特殊 なし 特殊 2ターン 後攻
 
効果
敵の攻撃によって、たいりょくまたはきりょくが尽きた際に発動可能。
まりょくを1だけ残して消費し、たいりょくときりょくを全回復させる。
効果時間終了後、回復したたいりょくときりょくは1まで減少する。
 
解説
たとえ一度倒れても。肉体の様々な場所から魔力が噴出し、自身の目的を果たすために再び立ち上がる。

純真無垢(略称:カ8)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 ステップ2 プラン値1 なし なし 3ターン なし
 
効果
誰かから指示を受け、それに基づいて行動する際に発動可能。
効果時間の間、その行動から派生する全ての行動のプラン値を1増やす。
この種族特性はエピソード中1回しか使えない。
 
解説
誰かの望みに応えるために。その表情に迷いなどはない。

体当たり(略称:カ9)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ5 たいりょく10 無属性 まりょく30 1ステップ 先攻
 
効果
自身の体に魔力を纏わせ、思いきり身体をぶつける複合攻撃を行う。
攻撃命中時、幸運判定を行いクリティカルが出た場合、相手に状態異常「気絶」を付与する。
 
解説
捨て身とも言える体当たりは、時に敵の想定をも上回る強い攻撃となり得るだろう。

イグルラーチの加護:A(略称:カ10)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
10 アクティブ 自分 ステップ7 きりょく20 雷属性 まりょく20 1ステップ なし
 
効果
発動を宣言した際、技能値分の能力値を回復させる。この種族特性はエピソード中1回しか使用できない。
 
解説
雷の精霊王、イグルラーチに認められた証。自身の中に力の漲りが感じられ始めた。


リバイバル

リバイバルは、記憶の有無によらない強い想いを抱いています。
そうした想いは、他の種族には為し得ない特殊な技となって現れるでしょう。
ただし、想いを失ってしまわぬよう、細心の注意が必要です。

リバイバルの種族特性
幽体化Ⅰ~物体透過~(略称:リ1)
生気喪失(略称:リ2)
幽体化Ⅰ~憑依~(略称:リ3)
分霊術Ⅰ(略称:リ4)
幽体化Ⅰ~透明~(略称:リ5)
ダート(略称:リ6)
アン・デ・カース(略称:リ7)
逢魔抱擁:Ⅰ(略称:リ8)
オカルト親和:Ⅰ(略称:リ9)
ボイニテッドの加護:A(略称:リ10)



幽体化Ⅰ~物体透過~(略称:リ1)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ5 なし なし まりょく1/3 1ターン 後攻
 
効果
自身の状態を「幽体化:物体透過」に変化させる。この特性を用いて「幽体化:物体透過」状態になったとき、1ターン、または約30秒間経過するまでのどちらか短い時間、「物理攻撃」によるダメージを無効化する。
この特性はエピソード中1回しか使えない。
 
解説
自身の肉体を構成する魔力を、極限まで変質し、物体の持つ魔力と同調させることで、肉体に触れる物体を透過させる。
ある程度の薄い壁ならばすり抜けられるが、物体との結合を解除できなくなる場合もある、危険な行為である。

生気喪失(略称:リ2)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
レスポンス 敵単体 ステップ5 きりょく5 なし まりょく10 1ステップ 後攻
 
効果
敵から攻撃を受けダメージが発生した際に発動可能。ダメージを与えてきた敵のきりょくを5減らす。
 
解説
攻撃された際に、相手の魔力組成を僅かに乱す。積み重ねられた乱れは、いつの間にか相手の力を奪っていく。

幽体化Ⅰ~憑依~(略称:リ3)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ2 なし なし まりょく2/3 1ステップ なし
 
効果
自身の状態を「幽体化:憑依」に変化させる。この特性を用いて「幽体化:憑依」状態になったとき、ステップ3で指定した対象にとり憑き、このターン対象が先攻か後攻かを選択することができる。
この特性はエピソード中1回しか使えない。また、敵が複数いる場合には使用できない。
 
解説
自身の肉体を構成する魔力で、相手の魔力に干渉し、一瞬だけ相手と精神を共有することで、情報を得たり行動選択に介入する。
ただし、意志を持たない存在や魔法に抵抗力がある相手には失敗する場合があり、自身が取り込まれる可能性もある、危険な行為である。

分霊術Ⅰ(略称:リ4)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ4 命中率2 闇属性 まりょく20 1ステップ 後攻
 
効果
ステップ4で発動を宣言後、呪文を詠唱し、ステップ5で自身を攻撃対象とした攻撃があった場合、効果が発動する。
発動時、相手の命中率の計算結果を2減らし、幸運判定を生じさせない。
 
解説
魔力を用いて、自身にそっくりな魔力の塊である「分霊」を作り出す。分霊に意志はなく、攻撃を受けると消滅する。

幽体化Ⅰ~透明~(略称:リ5)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ1 なし なし まりょく:1/3 1ターン なし
 
効果
自身の状態を「幽体化:透明」に変化させる。この特性を用いて「幽体化:透明」状態になったとき、1ターン、または約30秒間経過するまでのどちらか短い時間、通常の視覚を持つ存在に、視覚による認識をされなくなる。
この特性はエピソード中1回しか使えない。
 
解説
自身の肉体を構成する魔力を極限まで展開し、肉体周辺の空気中に散らばる魔力と結合する事で、周囲に溶け込むようにして透明化する。
ただし、一定以上の視覚能力を持つ者や、特殊な感性を持つ者、幽体に関する造詣の深い者には認識される場合もある。肉体の組成を自ら崩壊に導く、危険な行為である。

ダード(略称:リ6)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ5 たいりょく10 闇属性 まりょく15 1ステップ 先攻
 
効果
闇属性魔法で魔法攻撃を行う。
 
解説
魔力を使い、両手に収まるサイズの闇の玉を生成する闇属性魔法。
展開する魔法陣がごく小さな物でも良いため、手のひらや、小さな杖の先から発動する事もできる。
魔力の玉はすぐに発射しないと、空気中に霧散してしまう。

アン・デ・カース(略称:リ7)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ3 なし 闇属性 まりょく:30 5ターン 先攻
 
効果
ステップ3で発動を宣言し、呪文を詠唱した後、ステップ5で効果が発動する。
1D>3の時、相手に状態異常「呪い」を付与する。この種族特性で付与した状態異常は、効果時間が過ぎると回復する。
 
解説
魔法陣から、詠唱した呪詛が鎖のように浮かび上がり、相手の身体にまとわりつく。
鎖を纏う間、相手は込められた怨嗟に苛まれるだろう。

逢魔抱擁:Ⅰ(略称:リ8)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ3 たいりょく10 闇属性 まりょく15 1ステップ 先攻
 
効果
ステップ3で発動を宣言し、そのターンが終了するまで、対象に触れている事ができた際に効果が発動する。
対象から技能値分の能力値を吸収する。
 
解説
相手に接触し、魔力を介して相手の力を吸収する。

オカルト親和:Ⅰ(略称:リ9)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし プラン値1 なし なし 永続 なし
 
効果
エピソード中、様々な噂や不思議な出来事に対して関心を示せる場合がある。稀に理屈では説明できない出来事に関わるプラン値が1増える。
 
解説
不思議なことに興味がわいてくる今日この頃。自分が一番不思議な存在かも知れないが、それでも気になる事はあるものだ。

ボイニテッドの加護:A(略称:リ10)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
10 レスポンス 自分 ステップ7 プラン値1 闇属性 たいりょく50 継続 後攻
 
効果
自身が基礎能力値1にダメージを受けた時、発動可能。
発動を宣言後、エピソード中1度しか使えない「種族特性もしくは職業技能」を、1つだけ指定する。
たいりょくを消費することができた場合、指定した「種族特性もしくは職業技能」を再度発動することができるようになる。
 
解説
闇の精霊王、ボイニテッドに認められた証。自身の中に力の漲りが感じられ始めた。


アークライト

アークライトは、選ばれし種族とも言われる事もある種族です。
選ばれし種族に与えられた力、「覚醒」は、まさに種族の特性と言えるでしょう。
しかし、特別な力には、それに相応しい代償を伴う場合もあることを忘れてはいけません。

アークライトの種族特性
覚醒Ⅰ(略称:ア1)
天使のオーラ(略称:ア2)
秘められし力(略称:ア3)
白翼飛翔Ⅰ(略称:ア4)
正義執行欲(略称:ア5)
ブライト・レシール(略称:ア6)
流星落とし(略称:ア7)
コード(略称:ア8)
エラーコードⅠ(略称:ア9)
オールデンの加護:A(略称:ア10)



覚醒Ⅰ(略称:ア1)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ2 なし なし 特殊 3ターン なし
 
効果
まりょくときりょくを1/3ずつ消費して発動可能。自身の状態を「覚醒」に変化させる。この特性を用いて「覚醒」状態になったとき、
3ターン、または約3分間経過するまでのどちらか短い時間、全ての基礎能力値2の値が1.5倍になる。
覚醒状態が終了後、全ての基礎能力値2の値は1/3にまで減少する。この特性はエピソード中1回しか使えない。
 
解説
己に宿りし光の魔力を解き放つ。覚醒時、半透明であった光の輪と白き翼は実体を持ち、本来の力を手に入れる。
この特性を使用した者は約3分間、強力な力を発揮するが、効果が切れた時、回復には長い時間が必要となる。

天使のオーラ(略称:ア2)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし プラン値1 なし まりょく20 永続 なし
 
効果
自身の状態が「覚醒」である時のみ発動可能。覚醒中2回まで、プラン値を1増やす事ができる。
 
解説
輝く光の輪と白き翼から生じる神々しいオーラ。その自信に溢れた姿は、求める結果を引き寄せる。

秘められし力(略称:ア3)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
レスポンス 自分 ステップ6 なし なし きりょく30 1ステップ 後攻
 
効果
自身が状態異常に陥っておらず、「覚醒」状態ではない場合のみ発動可能。敵の攻撃により自分に状態異常が生じた時、幸運判定を呼び出す。
クリティカルが出た場合、その状態異常を無効化する。
 
解説
力を解放していなくとも、その身には光の力が宿っている。危機が訪れたとき、秘められた力は持ち主を守護するのだろう。

白翼飛翔Ⅰ(略称:ア4)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 自分 ステップ2 なし なし きりょく10 1ターン なし
 
効果
自身の状態が「覚醒」である時のみ発動可能。
覚醒中、1ターン、もしくは1分経過するまでの間、状態を「飛行」へ変化させる。飛行状態の間、最大で高さ20m程度まで上昇する事や、時速45km程度で飛行する事ができる。
また、同じ「飛行状態」である敵からの攻撃や、職業技能や幸運判定の影響がある場合を除き、射程0、1の攻撃を受ける時、幸運判定を行い、1D6=4であれば、攻撃を回避する。
この特性は連続したターンで使用できない。
 
解説
実体化した翼を用いて少しの間、空を飛行できる。優雅に空を駆ける様は、まるで本物の天使のよう。

正義執行欲(略称:ア5)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
パッシブ 自分 なし 特殊 なし きりょく5 永続 なし
 
効果
自身が自由に設定した「己が正義と信じる信念」に関する口上を名乗りきった時、効果が発動する。次に行う行動のプラン値を1増やす。ただし、信念に反する行動を行う場合、プラン値を2減らす。
 
解説
自分自身の成し遂げたい事、成すべき事を信念として語ることで、己に使命を課す。その使命に邁進するならば力が高まり、その使命に反するならば、力は弱まってしまうだろう。

ブライト・レシール(略称:ア6)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 味方複数 ステップ3 たいりょく10 光属性 まりょく25 1ステップ 後攻
 
効果
ステップ3で発動を宣言し、呪文を詠唱した後、ステップ5で効果が発動する。
光属性の魔法防御を行う。この種族特性は、射程内の味方にも適応される。
 
解説
ドーム状の魔力壁を生成し、厄災から多くの者を護り抜く。

流星落とし(略称:ア7)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ4 たいりょく20 無属性 きりょく30 1ステップ 先攻
 
効果
自身の状態が「覚醒」かつ「飛行」である場合のみ発動可能。
ステップ4で発動を宣言し、ステップ5で効果が発動する。敵単体に物理攻撃を行う。
 
解説
舞い散る羽をまとい、上空から急降下しつつ行う攻撃は、正に天に流れる一筋の星のよう。

コード(略称:ア8)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
アクティブ 敵単体 ステップ5 たいりょく10 光属性 まりょく15 1ステップ 先攻
 
効果
光属性魔法で魔法攻撃を行う。
 
解説
魔力を使い、両手に収まるサイズの光の玉を生成する光属性魔法。展開する魔法陣がごく小さな物でも良いため、手のひらや、小さな杖の先から発動する事もできる。
魔力の玉はすぐに発射しないと、空気中に霧散してしまう。

エラーコードⅠ(略称:ア9)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
レスポンス 自分 ステップ7 プラン値1 なし なし 1ターン なし
 
効果
自身の状態が「覚醒」でなくなる時、幸運判定を行う。
ファンブルの時、次のターンの行動がスキップされる。
クリティカルの時、次のターン、プラン値が1増える。
 
解説
自身の力が高まる程、力の代償は大きくなる。
身体に起きる不調は、己の枷となるか、逆境を乗り越える勇気を呼び覚ますのか。

オールデンの加護:A(略称:ア10)

レベル 性質 対象 タイミング 射程 技能値 属性 消費 効果時間 順番
10 アクティブ 味方全体 ステップ3 特殊 光属性 きりょく30 1ターン なし
 
効果
自身の状態が「覚醒」である時のみ発動可能。射程内の味方の基礎能力値2を、全て2増やす。
 
解説
光の精霊王、オールデンに認められた証。自身の中に力の漲りが感じられ始めた。