学園お知らせ  
バース・オレイ・シンク・ソラス Studend Card
専攻: 黒幕・暗躍コース
(未設定)
碧 IL
《新入生》 エリカ・エルオンタリエ 2019-04-29 23:54:13
【#華鬼】戦闘行動
森で見た謎の人物は、使役している相手を墜悪と呼んでいたわね。
ここでも同じように墜悪を操作しているのなら……

レイヤさんビアンデさんとタイミングを合わせて
『集中』と『自然友愛』で強化したプチフドをを放つわ。
目的は傷を負わせることより、風圧で仮面や武器を飛ばしたり、
床のチリやほこりを巻き上げての眼潰しを狙ってみるわ。
そして相手をひるませたら、杖で魔法陣を破壊するわ。

まだ墜悪と魔法の回線が繋がっているなら、
彼(?)がわたしたちの悪意や敵意に染まらないように、
怒りや憎しみで苦しまないでいいように、
わたしたちフトゥールムスクエアの生徒が友になると
精一杯のポジティブな想いを送るわ。

どうか彼が道具として利用されるのではなく、
素敵な美術品・工芸品とみんなに愛されますように。
《新入生》 チョウザ・コナミ 2019-04-29 23:50:03
【#華鬼】自由行動
だらだら眺めたいだけなのに、気づいたら意図せぬ働きせざるを得ないのやばくない?コンパクト苦行?
ってなると魔物?人?の動機はそれを補えっくらいそーとー面白いんだろー、ねぇ?

とりまこっちに何らかしかけてくるなら【全力防御】と【忍耐】力で耐えるなり避けるなりするけどさぁ。
別にザコちゃんがなんかしたい訳じゃないからねぇ。おもしろそーじゃない限り。
待ち時間暇なら石でもぶん投げ【投擲(小物)】して的当…ちょっかいかけるかもだけど。

仮面がどーにかなったら、角部分でも砕いて牛乳にとかして飲んどこ。
どーせ不味そうだけど味見はする。食べたことないし。
親?操り手?的なのも魔物だったりなのかな。え、そったら食べるべき?未知数すぎんのに?
…そっちはおもしろそ。
《新入生》 シキア・エラルド 2019-04-29 23:23:35
【#華鬼】支援行動
あの鬼面…少しは話を聞いてくれるといいな
効果はあまりないかもしれないけど「演奏」で鬼面の妨害を
落ち着いてくれたり…しないかな?無理だとしても、少しはみんなの力になれるかも
賑やかな音楽は好きだけど、こんな騒音は好きじゃないかな…あの子みたいなことを言うわけじゃないけどさ
《新入生》 リア・カレット 2019-04-29 22:33:40
皆さん、こんばんは。
サラシナ先輩はお疲れ様です。
今日が最後に行動できる日ですか。それなら私は…

【#華鬼】支援行動
私も第一校舎へ…おや?最上階から人が…
どうやら植物園に向かっているようですね。

「植物園」に向かい、「合流」しましょう。
合流したら「その方の行動をお手伝い」します。
《新入生》 レイヤ・トラスター 2019-04-29 22:22:38
【#華鬼】戦闘行動

先輩といえども、いえ、先輩だからこそ…
今回の騒動の原因とも見えるこの状況に対し全身全霊で挑ませていただきます!!

まずは【部位破壊】で頭部を狙い拳を振るいます。
仮面を剥がせれば良いですし、先輩後輩の実力差があっても…顎を鍛えるのはむずかしいでしょう。ノックアウトできればいいのですが。
守りを固めてもらっているときは、【精神統一】し…【真中正拳突き】です!

倒せたら…そう言えば丁度良いものがあります!
最近、投擲が趣味でしてよく持ち歩いているのですが!
鉤爪付ロープ(大)の、ロープ部分で縛り無力化しましょう。
《新入生》 朱璃・拝 2019-04-29 21:54:51
「双撃蹴が真中正拳突き」ではなくて「双撃蹴か真中正拳突き」ですわね。
《新入生》 朱璃・拝 2019-04-29 21:53:38
さて、これが最後の行動ですわね。

【#華鬼】支援行動

鬼面を操っている何者かは角を飛ばして攻撃してきますので、タスク様が呼びかけを行っている間攻撃をされないよう警戒し、角を飛ばして来た時は双撃蹴が真中正拳突きで叩き落すか心頭滅却を使ってタスク様を庇い、鬼面自身に攻撃させてきた時は正面から抑え込んでタスク様の呼びかけの時間を稼ぎますわ
《新入生》 ビアンデ・ムート 2019-04-29 19:31:39
【#華鬼】支援行動
相手は5人でこちらは3人。数では不利なのでその負担を和らげるためにも、私がしっかり皆さんを守らなきゃいけませんね

というわけで相手を『挑発』して私に攻撃が向くようにしてから、『おおなべ』を構えて【全力防御】と【防護魔力】を使って防御に専念
味方が攻撃されそうになったら積極的に庇ってとにかく攻撃を通させません
あとはできれば相手を押し込んだりして妨害するので、その間に他の二人には相手の無力化をお願いしましょう
《新入生》 シィーラ・ネルエス 2019-04-29 19:19:07
サラシナ先輩もお疲れ様、これだけまとめるのって大変そうよねぇ…
これで最後なのかしら、なら…

【#華鬼】支援行動
あらま、思っていたよりこわぁい顔ね?
滅多打ちにするならチャンスなのでしょうけど…
頑張って説得しようとしてる子がいるなら、手出しは無粋かしら
状況を静観しつつ、攻撃してくるなら「プチシルト」で防御
ついでに「魔法薬生成キット」で回復薬でも作って一番怪我がヒドイ人に渡すわね
《新入生》 アムル・アムラ 2019-04-29 19:10:37
こんばんは!
プラン期限は今日いっぱい、だけど僕にできる事って特にないんだよね。

【#華鬼】自由行動
事態が治まったあと、もし鬼面が放置されていたら破片含めて拾っておこうかな。
「修理」してあげられたらいいね。
あ、拠点も撤収しないと…(頭抱え)
《新入生》 ウィルナ・ラティエンヌ 2019-04-29 17:38:09
そうなると、私に出来ることはこうなるわね。

【#華鬼】支援行動(一部[戦闘行動]含む?)
既に怪我をしている人もいるみたいだし、【踊り子の秘めごと】による治療を中心に動くわね。
[きりょく]や[まりょく]が尽きそうな人が居たら、此方もそれぞれ【踊り子のすべきこと】【踊り子のささめきこと】で、私自身の[まりょく]や[きりょく]が許す限り、[回復]を入れて行くわ。

[角]を飛ばす能力が有るみたいだし、或る程度動きに注意して、狙われている人に警告するわ。
位置関係が許すなら、[双扇]を使って[角]を叩き落したり、注意を散らす為の[牽制攻撃]を挟むわね。

大きく弱って、仕留められそうな状態になった際に、まだ[きりょく]が残っていたら【絶対王政】で「畳みかける」ことを示唆するわ。
[使用条件]の関係で必要なら、このときは一緒に[攻撃]するわね。
《新入生》 ウェルカ・ラティエンヌ 2019-04-29 17:13:01
サラシナ先輩、お疲れ様でしたわ。
ごゆっくりお休み下さいませ。

そしてこれは、私のやるべきことは一つですわね。


【#華鬼】自由行動

【覚醒】を保てるギリギリまで全力で[飛行]、[植物園]に飛び込みますわ。
[慌てて飛び込んできた人]が居れば、[管理or警備の方]が様子を見に来ると思いますので、[カカオポッド様]の容体を見せて、[カカオ]のある場所にご案内いただける様、お願い致しますわ。
そういう方がいらっしゃらない様でしたら、近くに[常連の方]が居れば、同様に質問して、可能ならご案内していただきますわね。
状況柄、[事情の説明]を求められる様であれば、『容体上急ぎますので、移動しながらお話しします』ということでご理解いただけると良いのですが。
(『現在のデータ』で良いのでしたら【会話術】【説得】【信用】を使用します)

[カカオ]のある場所に着くまでは、「あと少しですわ」「頑張って下さいませ」と[カカオポッド様]を励ましますわ。
無事に到着出来ましたら、[カカオ]を採取して[カカオポッド様]にお召し上がりいただきますわね。
何とか回復して下さいますよう、出来る限りのことはさせていただきますわ。
《新入生》 ルッシュ・アウラ 2019-04-29 11:55:04
【#華鬼】自由行動
箒を用いて【第一校舎最上階付近】へ移動
「何も力にはなれないかもしれませんが
できることを探そう・・!
せめて最後を見届けにいかなきゃ」
《新入生》 ルッシュ・アウラ 2019-04-29 11:48:00
マイ先輩本当にお疲れさまでした!
ゆっくりお休みになって下さいね
《新入生》 朱璃・拝 2019-04-29 09:06:17
マイ先輩、お疲れ様でしたわ。ゆっくりお休みくださいませ。

さて、私はどう動くか・・・もう少し考えてみますわ。え
《新入生》 タスク・ジム 2019-04-29 03:55:15
マイ先輩、本当に本当に、お疲れ様です!!
ありがとうございます!!

先輩の心意気に答えられるよう、僕も心を込めて、最後のプランを送ります。

墜悪さんとの戦闘については、完全に皆さんに丸投げしてしまう形になり、申し訳なく思います。

徒労に終わるかもしれませんが、
完全な無駄な行動かもしれませんが、
僕は僕の戦いを試みることを、ご理解いただければありがたいです。

【#華鬼】自由行動(報道勇者としての戦闘行動)

(つながった…!まさかとは思ったけど!)
墜悪を使っているらしい主とコンタクトを取れる手ごたえを感じます。

<ワカッテイナイノハオマエノホウダ>
裏を返せば、<ワカッテ>欲しい何かがあると【推測】します。

そして、その向こうに主の目があると信じて、
墜悪の目をまっすぐ見すえて、声を限りに叫びます。
「分かるわけないじゃないですか!教えてもらってないんですから!」

叫んだら不思議と落ち着き、防御を解除して羽ペンとメモに持ち替え、今度は穏やかな声で問いかけます。
「あなたのお困りごと、お聞かせいただけませんか?」
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 01:00:56
【#華鬼】『定期更新』
オレからの依頼はこれで終了だが、また授業で会う事もあるだろう。
その時は宜しく頼む。

それじゃ、おやすみなさいだ。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:59:50
【#華鬼】『定期更新』
広場でのオレの報告は以上だ。
気遣ってくれてた皆、ありがとな。

明日……っと、もう今日、だったな。
今日からは、また楽しい団欒を楽しんでもらえるとありがたい。
そろそろレーズンのお菓子を食べたくてウズウズしている人もいるようだしな。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:57:26
【#華鬼】『定期更新』
最終的な状況は、クラブ棟「イベント情報室」に掲載しておく。
これまでの内容を簡易的にだがまとめておくから、良かったら後で覗いて見てくれ。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:55:59
【#華鬼】『定期更新』
最後の行動は、≪4月29日23時59分まで≫までに
「1つだけ」教えてくれ。
それまでに来ている、一番最新の【#華鬼】の報告を纏めさせてもらう。
行動値は全員最大値だ、一度だけの行動だから、心配する必要はないぞ。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:53:33
【#華鬼】『定期更新』
おっす。お疲れ様だ。
待たせて悪かったな。これで現状来ている報告は全てだ。
(2019-04-22 00:00:48 までをイベント期間内対象と判定しています)
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:51:26
【#華鬼】
 プリズン・スクエアと第一校舎。
 それぞれの場所で勇者の卵達は事態の解決に向けて力を合わせて立ち向かう。
 そしてまた、白き天使は小さな弱りし者を抱いて空を駆ける。
 カカオポッドの脱走から始まった物語は、今まさに最後の時を迎えようとしていた。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:51:14
【#華鬼】
 だがその時、直接脳内に声が響き渡った。
『ワカッテイナイノハオマエノホウダ……!』
「オオオオォォォォォ!!!!」
 そして声が消えると同時に、鬼面の怒号が響き渡ると、口元から黒い煙が漏れ出してくる。
「ふーん、文系なゆーしゃ様の言葉に激オコな感じ?」
「とにかく、早く決着を付けなくてはならないわね」
 チョウザとウィルナの言葉に、一同は頷いた。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:51:09
【#華鬼】
 だがそれならば。
 何故この意志を持たない、意志を持てないはずの仮面が、ここまでカカオポッドに執着するのであろうか。
 タスクは、ある推論に辿り着いていた。
「……聞こえているんでしょう? 僕達を見ているんでしょう……?」
 鬼面を使役する『誰か』の存在に。
「墜悪さんに邪悪な念を注ぎ込んでる人! こんなこと、もう止めませんか? 墜悪さんが哀れすぎますし、何より、あなたのためにもまったくならない! そのことを、あなた自身が一番分かってるんじゃないですか!?」
 思いきり叫んだためか、胸の痛みに思わず膝をつくタスク。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:51:02
【#華鬼】
 ウェルカの脱出を確認したタスクは、鬼面に正面から向き合う。
「鬼面・墜悪さん! 邪悪な怨念を宿した仮面は、身につけた者の負の感情を高める仮面。あなたはそう作られたと本に書いてありました。でも……もしかして、その宿命を悲しく思ってるんじゃないですか?
そんな悲しいことに縛られるのは、もう止めませんか?」
「……オオオオ!!!」
 これまでと変わらない敵意をもった声。
 ……やはり、仮面と意思疎通を行う事はできないのだろう。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:50:56
【#華鬼】
「ウェルカさん、今のうちに!」
「助かりましたわ、宜しくお願い致します」
「オオオォォォ!!!!」
 自身も浮遊して後を追おうとする鬼面であったが、これだけの勇者候補生達を振り切る事はできない。
 そして、多数の仲間達の援護を得たウェルカは、無事にカカオポッドを連れて脱出に成功する。
(カカオポッド様が衰弱しきっていますわね。チョコも食べて下さらないようですし、やはりカカオを食べさせなくては)
 そして彼女は覚醒し続ける限りをもって、一路植物園を目指し飛び去っていくのであった。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:50:50
【#華鬼】
「ウェルカさん、後ろ!」
 だが、鬼の角はなおも彼女を狙い襲いかかる。
 しかし今度は、小さな火球と雷球が、その角を弾き飛ばした。
「はいストーップ。ダメだよ、女の子をそんな手荒に扱っちゃ」
「そうね。情熱的ではあるけれど、暑苦しくて水に戻ってしまいそうだわ」
 ウェルカの危機を救ったのは、プラムのプチヒドと、シィーラのプチラドであったのだ。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:50:45
【#華鬼】
「オオオオ!!!」
「きゃっ!?」
 ウィルナ達を弾き飛ばし、鬼面は再び角を射出する。
 既に浮遊を始めているウェルカを狙った攻撃は高く、この場にいた誰にも食い止めることができない。
「仕方ありませんね……!」
 角により箒がたたき折られようとするその刹那。
 ウェルカの身体が光り輝くと、白き翼は実際を持ち、大きなはためきで彼女の身体を高く持ち上げた。
「ウェルカ……!」
 覚醒。アークライトとしての力を解放した姿である。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:50:41
【#華鬼】
 そしてタスクもまた、ポケットからチョコレートを取り出した。
「あの、もらっておいてすぐお返しみたいで変なんですけど、よかったこれ。僕のチョコも、きっと同じ効果があると思いますから!」
「ええ、分かりましたわ」
「受け取ってくれてありがとうございます。ではウェルカさん、カカオポッドくんを頼みます!」
 そしてウェルカは、タスクからのチョコレートを受け取ると、アムルの箒にまたがる。
「皆様、此方は宜しくお願い致します。必ず……『この件』を解決して下さいませ」
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:50:35
【#華鬼】
「……す、すみません」
 傷つきながらもウェルカに向けられた表情は、笑顔。
「……でしたら、これを受け取って下さい」
 そんな彼に、彼女から手渡されたのは、バレンタインチョコレート。
「え、えええっ!? ぼ、僕にですか!?」
「チョウザ様の様子を見るに、きっとこのチョコには不思議な効果があるはずですわ。今の私には、これくらいしか用意できませんが……」
 突然の事態に顔を赤らめるタスクであったが、ウェルカの言葉に奮起すると、チョコを受け取り立ち上がる。
「ありがとうございます! ……あ、それと!」
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:50:30
【#華鬼】
 一向に倒れないタスクに業を煮やした様子の鬼面は、再び進行を開始すると、体当たりでタスクを吹き飛ばした。
「……ぐふっ!」
「タスク様! このっ!」
 タスクを吹き飛ばし、先へ進もうとする鬼面を、追いついた朱璃とチョウザ、ウィルナが妨害する。
 付記飛ばされたタスクの身体は、吹き飛ばされた勢いで簡易拠点の防壁を破壊してしまう。
 ……だが。
「タスク様、また無理ばかりなさって……!」
 そこには、無事にここまで辿り着いたウェルカの姿があった。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:50:25
【#華鬼】
「皆さんを困らせるような事は……僕が解決してみせます!」
 それは、自身を鼓舞する言葉。
 例え既に相手の機先を制する事はできなくとも、己の心を奮い立たせるには充分であった。
「オオオオオォォォ!!!」
 鬼面も、わざと視界を遮るようにして立つタスクが邪魔だと考えたのだろう。
 一本角をタスクに向けて射出した。
「うぅ……!」
 魔法で操られているのか、その角はタスクを狙うように旋回すると、何度も何度も彼をたたきつける。
 だが、タスクは全力で鬼面の視界を遮り続けた。
(カカオポッドくんさえ助け出す事ができれば……!)
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:50:19
【#華鬼】
「ふぎゃあ?!」
「アムル様!?」
「ウィルカさん、早く!」
「……はいっ!」
 一瞬アムルを振り返るウィルカだったが、タスクの声に従い、歩みを止めぬよう走り続ける。
 だがまだ少し距離があり、このままでは追いつかれてしまう状況であった。
「オオオォォォ!!!」
「今度は僕が!」
 飛び出したタスクもまた、鬼面の進路に立ち塞がると、持っていた番傘を広げる。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:50:14
【#華鬼】
「オオオオオォォォ!!!」
 だが、ウェルカが安全地帯から飛び出した事に、鬼面もいち早く反応し、襲いかかろうとする。
「やっぱり僕達には興味ない、って感じだね!」
 その可能性も予測していたアムルは、今度はウェルカと鬼面の間に割って入り、石つぶてを放つ。
 それは見事命中するものの、鬼面の勢いは止まらない。
「それならっ!」
 アムルは、鍋蓋をしっかり構えると、鬼面に真正面から突撃する!
「おりゃああああ!!!」
「オオオオォォォ……!!!」
 勢いをつけ、全体重をぶつけるようにして仕掛けたアムルの体当たりは、一瞬鬼面の動きを止めた。
 だが、同様の負荷はアムルにもかかり、彼は後方に激しく吹き飛ばされ、壁に激突する。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:50:06
【#華鬼】
「こっちですわ!」
 まずは朱璃が、ウェルカが隠れる瓦礫と自身で、鬼面を挟み込むような箇所へ移動すると、勢いよく石つぶてを投げつける。
 それは見事命中し、鬼面の注意がそれまで鬼面の相手を一手に引き受けていたチョウザから逸れた。
「ウェルカ! 私達が囮になるわ! その隙に逃げて!」
 朱璃と共に鬼面の正面に立つウィルナが、全力で叫ぶ。
「分かりましたわ!」
 声を聞いたウェルカは、カカオポッドと共に、手招きするタスクとアムルの方向へと走り出した。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:50:01
【#華鬼】
「よぉーし! 僕も準備万端! じゃあ皆、これを使って!」
 チョコを食べて元気になったアムルは、他の3人に、瓦礫をロープで縛り作成した簡易石つぶてを手渡した。
「皆で鬼面の注意をそらして、その隙に僕の乗ってきた箒を使ってウェルカさんに脱出してもらう作戦だよ!」
 現在4人の集まる簡易拠点には、アムルの乗ってきた箒と、瓦礫をかき集めて作った防壁がある。
 ここまでウェルカを何とか誘導できれば! 4人は一斉に拠点を飛び出した。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:49:56
【#華鬼】
 朱璃とアムルがチョコを交換している間、鬼面の様子を伺っていたタスクは、ふと隣にいるウィルナへ声をかけた。
「ウィルナさん、先程はありがとうございました。……無茶をさせて、ごめんなさい」
「いいえ。私の方こそ失礼しました。ご無事で良かったわ」
 タスクは、先程ウィルナに身を挺して守ってもらった事を思い出す。
「でも、もう一度だけ……僕に無理をさせてほしいんです」
 だが彼の視線は、目の前で鬼面と戦うチョウザ、そして瓦礫の影に隠れカカオポッドを守るウェルカに注がれていた。
「大丈夫です。私もそのつもりだから」
 必ずカカオポッドとウェルカを必ず救い出す。
 2人の考えは1つの結論を導いていた。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:49:10
【#華鬼】
「結局、こうなるわけ!」
「良いじゃない? 旅は道連れ……」
「世は情け、ってね。まぁ、女の子をいじめるのは社会的に良くないし。俺がしっかり……教育してあげないとねぇ?」
「プラムの言うように教育が出来る相手だと良いんだけどね」
 最終的にシキアは、シィーラ、プラムと3人で、第一校舎の上空に向かって飛び立つのであった。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:49:03
【#華鬼】
「話は全て聞かせてもらったわ」
 まるで全てを悟りきったかのような表情で、シィーラが箒を片手にこちらへ向かってくる。
「シキア、私も行くわ」
「シィーラさん!? その、俺もちゃんと状況を把握してる訳じゃないけど、……危険かも知れないよ?」
「うふふ。賑やかなのは好きだけど、騒がしいのは好きじゃないの。だから行くだけよ」
 穏やかな口調ではあるものの、こうなっては『てこ』でも動かない。それがシィーラだ。
「おっ、何々? 面白い話なら、俺も混ぜてよ」
 そこに、ちょうど広場を通りかかった【プラム・アーヴィング】も近づいてきた。 
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:48:58
【#華鬼】
「やっぱり、上で何かあったのかな?」
 その頃、広場で待機していたシキアは、先程から微かに聞こえる音が気になっていた。
「嫌な予感がする……やっぱり俺も!」
 一緒にここまで箒を運んできたウィルナの姿もまだここには戻ってきていない。
 胸騒ぎを覚えたシキアは、箒を手にし広場を後にしようとする。
「お待ちなさいな」
 だが、そんな彼を引き留めた人物がいた。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:48:53
【#華鬼】
「まぁ、ありがとうございます♪ それでは、お言葉に甘えて……」
 朱璃は尻尾をフリフリとさせながら、アムルのチョコを頬張った。
「んん~♪」
 ミルクのまろやかながらコクのある口当たりと、しっかりとした甘さが彼女の心を満たしていく。
「なんだか、力が沸いてきた気が致しますわ!」
 そして朱璃もまた、ポケットからチョコレートを取り出した。
「本当は後で食べようと思っていたのですが、アムル様が宜しければ、お返しに」
「ありがとー! こっちも食べてみたかったんだー!」
 そしてアムルもまた、一時の休息を得る。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:48:44
【#華鬼】
「はい朱璃さん! 疲れたときには甘いモノ! でしょ?」
 そう言ってアムルが差し出したのは、ホワイトチョコレート。
 これはある日、枕元に置かれていた怪し……不思議な物であった。
 だが、『頑張るチミにプレゼントなのだ☆』というメッセージと共に、書かれていた差出人の名前を見るに、少なくとも食べて死ぬことはないだろう。
「それでちょっとだけ食べてみたんだけど、とっても美味しかったよ!」
 アムルも村人の端くれ、毒味はバッチリだ。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:48:37
【#華鬼】
 その隙に移動し、朱璃とウィルナは簡易拠点へと辿り着いた。
「朱璃さん! 大丈夫!?」
「ええ、ご心配ありがとうございます。出血は止まりましたけれど、このまま戦闘に参加しては、皆様の足を引っ張ってしまいそうですわ……」
 朱璃は悔しそうな表情を浮かべる。
 それを見て暫し考え込んでいたアムルであったが、ハッとした表情を浮かべると、荷物カバンを漁り始める。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-29 00:48:31
【#華鬼】
 彼女の口内には、程良くカカオが聞いたビターな味わいが広がっていく。
 それと同時に、何だか身体に力が漲るような……いや、実際に気力や魔力が高まる感覚を感じていた。
「本当は色々と食指の動く魔物的な存在じゃ無かったし、適当に見守り拝見な感じを希望ー。だったけど……ゆーしゃ様達も頑張ってっし」
 チョウザは今より少しだけ、自身の握りしめる棒に力を込めた。
「モブ的には囮の役目を遂行達成必須なわけ。お分かりぃ?」
 そして素早い動きで、牽制を行い続ける。
《新入生》 アリア・カヴァティーナ 2019-04-29 00:00:52
微妙に早すぎましたわ……! 今度こそ、新しい日付をこんばんは、ですわ!
《新入生》 アリア・カヴァティーナ 2019-04-28 23:59:59
皆さま、こんばんはですわ!
新しい日付を大きな声での挨拶で始めるのは、より良い世界のための第一歩ですわ! わたくしの挨拶で世界が変わるなら、それはそれはうれしいことですわ!
《新入生》 タスク・ジム 2019-04-28 18:24:46
か、活躍だなんてそんな!(両手ぶんぶん)
あのときはただ無我夢中で、皆さんに助けていただいて、
何とかなったんです。

…と、入学後も授業のたびに同じようなこと思うので、
進歩がないですよね~…(とほほ)

それでも、この時のことがあるから、
今も頑張れているのは確かです。
《新入生》 エリカ・エルオンタリエ 2019-04-28 11:13:02
入学する前から活躍していただなんて、さすがは未来の勇者ね。
本当に感心したわ。
《新入生》 タスク・ジム 2019-04-28 08:06:48
あの時は大変でしたねー…(遠い目)
でも、大成功、よかったですよね!

皆さん、あの時は本当にありがとうございました!
僕たち、勇者の物語の序章を飾ったような、素敵な思い出になりましたね!
《新入生》 樫谷・スズネ 2019-04-28 00:36:49
こんばんは、いつかの夜の報告書が出てきたみたいだな
そういえばそうだった…おもいっきり罵ってたな…うぅ、悪口はいけないこと…だがあの時は緊急時だったし…(ぶつぶつ
《新入生》 アリア・カヴァティーナ 2019-04-28 00:00:02
皆さま、こんばんはですわ!
本日は勇者暦2019年4月28日ですわ! だからどうしたと言われてしまうと困るのですけれど……。
《新入生》 ウェルカ・ラティエンヌ 2019-04-27 15:54:08
御機嫌よう、ですわ。

サラシナ先輩、お疲れ様ですわ。
御無理はなさいませんよう。
《新入生》 タスク・ジム 2019-04-27 13:07:10
マイ先輩、いつもお疲れ様です!
ロスタイム時期について、ご心配や慌てたりされませんよう、
先輩のペースでお願いします。
いつどうなっても着いていきますし、
何が起こっても全て記録して、壁新聞に残しておきます。
「自称☆報道勇者」を目指してますから!
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-27 02:31:06
【#華鬼】『定期更新』
おっす、お疲れ様だ。
悪いな、今日の報告は一旦ここまでだ。
ロスタイムに関して再度連絡させてもらう。
その際には宜しく頼む。それじゃあな。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-27 02:27:30
【#華鬼】
 その頃、巨大な鬼面との戦闘も、佳境を迎えようとしていた。
「ウィルナ様、ありがとうございます」
 痛みは感じるものの、薬草による治療を受け止血を終えた朱璃。
「このくらい何でもないわ。それより、早くあちらへ!」
 ウィルナは朱璃に肩を借しつつ、アムルとタスクが作業中の簡易拠点へと批難する。
 一方鬼面は、目の前の瓦礫に潜むはずのカカオポッドを狙い攻撃しようとするが、チョウザが攻撃をくわる事で注意を引き、それを阻止していた。
「オオオォォ……!」
「あらよーっ、と。ひゅー。この鬼面、一本角は分離射出でブーメランにもなる感じ? 割と多芸だよね。芸とか言っちゃうとちょっとバカにしてる気がするけど」
 そういうとコナミは、ポケットからチョコレートを取り出しパキッ、と一口。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-27 02:27:23
【#華鬼】
『オオオォォォ…』
 3人の侵入に気づき、仮面を被った者達もまた視線を向ける。
「彼らを止めれば、魔法陣の効力に影響を与えられるはずよ!」
 エリカの言葉に、レイヤとビアンデも戦闘体制を整えた。
 揺らめくマントとランクを示す水色の帯を見るに、相手は同じ学園生。
 しかも恐らく先輩であろう。
 だが、それを知ってもなお、3人の決意は揺らぐ事は無かった。

『リザルト』
「ビアンデ・ムート」、「レイヤ・トラスター」、「エリカ・エルオンタリエ」は、
「プリズン・スクエア」地下に到達した!
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-27 02:27:17
【#華鬼】
 石造りの螺旋階段は、暗く狭い。
 3人の中で一番守りに自信のあるビアンデが先頭となり、階下へと進んで行く。
「これは……」
 ビアンデらが行き着いた先に待っていたのは、扉の壊された小さな部屋。
 恐らく、倉庫のように使われているのだろう。
 授業道具が棚の中に所狭しと詰め込まれていた。
「どうやら、あれが謎の答えのようね」
「ええ、そのようです」
 だが、3人の視線が捉えた物は、資材ではない。
 部屋の中央で薄緑色に輝く魔法陣と、陣の中に立つ、ウェルカ達が戦っている物と同じ鬼の仮面を被った、5人の人間であった。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-27 02:27:11
【#華鬼】
 3人は手短に状況や情報を交換した。
「確かに。ビアンデさんやエリカさんの情報を合わせて考えれば、この先に何かあるのは確かな様ですね」
「そうですね。後はどちらに進むべきか、ということですけど……」
 そういったビアンデは、地面を走る微かな魔法陣の痕跡を指さした。
 最初は単純な床の模様かと思っていたが、エリカからの説明を受けた今ならば、微かな違いを認識できる。
 エリカが頷くと、3人は同じ道を歩み始める。
「行きましょう、地下へ」
《新入生》 アリア・カヴァティーナ 2019-04-27 00:00:01
皆さま、こんばんはですわ! 日付の変更をお知らせいたしますわ!
今日は勇者暦2019年4月27日……今日もきっとすばらしい一日ですわ!
《新入生》 朱璃・拝 2019-04-26 23:54:28
こんばんは。マイ先輩お疲れ様ですわ。

ご無理なさらずしっかり休息を取ってくださいませね。
《新入生》 アムル・アムラ 2019-04-26 23:17:06
こんばんはー!
無理はダメ!ぜったい!
マイ先輩に身体壊されると、僕たちも困っちゃうものね。
(広場の片隅にココアとクッキーを備えた拠点を作成、快適空間でまったり待機の構え)
《新入生》 エリカ・エルオンタリエ 2019-04-26 02:48:18
こんばんは。
マイさんは連日お疲れ様。
あまり無理はしないで、しっかり身体を休めてね。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-26 02:35:44
【#華鬼】『定期更新』
おっす、お疲れ様だ。
悪いな、今日の報告は一旦ここまでだ。
場合によってはロスタイムに関して再度連絡するかもしれない。
その際には宜しく頼む。それじゃあな。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-26 02:34:05
【#華鬼】
「心配して下さって、ありがとうございます」
 ビアンデは小さくお辞儀をすると、駆けつけてくれたレイヤとエリカに感謝を述べる。
 彼女は、レイアの声を聞きつけ、一旦合流するためにここへやってきたのであった。
 ついさっきまで1人で心細さを感じていた彼女にとって、信頼できる仲間の合流は喜ばしい限りだ。
「早速で申し訳ないのですが……私についてきて下さい」
 だが、今の彼女は気弱な女の子という様子ではなかった。
 真剣なビアンデの言葉に従うレイヤとエリカ。
 そして、先程ビアンデが倒れていた職員を見つけた場所へ到着する。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-26 02:34:00
【#華鬼】
「確かに、それは放っておけないわね」
 エリカとレイヤ、そしてビアンデは、共に同じ授業も受けた事がある仲である。
 例えこの先に何が待っていようとも、無精髭の彼や甲冑の彼女が繰り出す無理難題を思えば可愛いものだ。
「では、まずはビアンデさんに聞こえるように、呼びかけないとですね!」
「待って。叫ぶのも良いけど、かなり遠くにいた私が聞こえたんですもの。きっと……」
 エリカの推測は、やがて遠くの角から、顔だけをひょっこりと出した少女の顔で証明される。
「ビアンデさん!!!!!」
 今日一番の大声が響き渡った。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-26 02:33:55
【#華鬼】
「ビ……! ……アン……!! どち……!!!」
「段々聞こえてきたわね……!」
 全力で駆けること数分、エリカの認識した音は小さな空気の揺らめきから大きな叫びへと変わっていく。
「ご無事でしょうかー!!?」
「なるほど。すぅ~……あなただったわけね! レイヤさん!!!」
「ん? ああ、エリカさん!」
 人のいない廊下では、遮蔽物が少ないせいか音がよく響く。
 彼の叫びに負けないように、大きな声を出したエリカ。
 それに気づいたレイヤは、少しホッとした表情を彼女に向けた。
「実は……」
 そしてレイヤは、自身がビアンデを探してこの校舎へやってきた事を告げる。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-26 02:33:50
【#華鬼】
 校舎の中は、まるでもぬけの空のように人の姿は見当たらない。
 それどころか、まるで侵入を拒絶をするかのように不気味であった。
 エリカは耳を澄まし、風の中に流れる音に集中する。
「……! 何か聞こえるわ」
 微かな響き。
 耳を澄まさなければ聞こえない程に小さな音だが、環境音とは思えない力強さを感じる。
「行くしかないわね」
 エリカは、正体を探るべく音のする方へと走り出す。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-26 02:33:45
【#華鬼】
「ここは……懲罰対象の生徒が居る、プリズン・スクエアね」
 黒いローブの男が使用していた魔法陣の微かな痕跡を辿って、森を抜けたエリカはプリズン・スクエアへと辿り着いた。
 (さっきの黒仮面、もしかしてここの生徒なのかしら? とにかく、謎を解くためにも今は、前に進むしか無さそうね)
 エリカの覚悟はとうに決まっている。
 彼女は周辺への警戒を継続しながら、校舎内部へと侵入した。
《新入生》 アリア・カヴァティーナ 2019-04-26 00:35:16
タスクさま、発声練習の成果がお出になったみたいで、おめでとうございますわ!
お佇まいは穏やかそうですのに、凛々しい声でいらっしゃいましたわ! きっと、タスクさまが、お優しくて頼もしい勇者さまを目指していらっしゃる、何よりの証ですわ!

わたくしも、もっと勇者さまたちをご案内できるように、発声練習を考えませんと!
わたくしには、がんばらなければいけないことが、まだまだたくさんありますわ!
《新入生》 アリア・カヴァティーナ 2019-04-26 00:00:01
皆さま、こんばんはですわ! 今宵も、勇者暦2019年4月26日という日が皆さまをいざなっておりますわ! もう、昨日にはさよならをお告げしなければなりませんわ!
《新入生》 タスク・ジム 2019-04-25 23:33:21
アリアさん、本当に、立派な志ですね。
僕も、今こうして頑張れている根っこの部分は、
「あの時」があったから形成されたのかな、と思います。
まあ、「あの時」のことをはっきり思い出せる(訳 リザルトが出る)のは、
もうすこし先のことになりそうですが(笑)

そういえば、あの時は必死で叫んで避難を呼びかけましたね。
僕も、アリアさんに負けないように、もっと人々を導けるように、
音楽室で発声練習を続けていますよ!
(訳 念願の自己紹介ボイスが出来ました~~♪)
《新入生》 アリア・カヴァティーナ 2019-04-25 00:41:53
ええ、タスクさま……仰るとおりですの! まさにそのためのつもりでおりますわ!
わたくしも、あの時、さっそく目指すものが少しだけ、でも確かに見えたのが、心の中にしっかりと残っておりますの……いつしか、もっともっとたくさんの勇者さまを導けるようになりたいですわ!

サラシナさま、お休みなさいですわ! わたくしも、日課を終えたので失礼いたしますわ! お休みなさいませ!!
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-25 00:25:33
おっす。お疲れ様だ。
皆の活躍は、後2回報告させてもらう。
1回目は明日の予定……っと、今日は記念すべき25日? ……だったか?
なら、今日の日がまた落ちる頃、報告する予定だ。
いつも元気な挨拶が飛び交っていると気持ちがいいな。

それじゃ……今はおやすみなさい、だ。またな。
《新入生》 タスク・ジム 2019-04-25 00:09:06
こんばんは。
広場イベントの結果、気になりますね~。
今夜も静かですが、嵐の前の何とやら、でしょうか。

>エリカ部長さん
その解釈でOKかと思います。
最後のリザルトも、最後の最後のノベルも、楽しみですね!

>アリアさん
いつも元気に日付を知らせてくださるのは、
目標とされている「導く」ことの、基礎練習のように見えますね。
「あの時」から、僕もアリアさんに導かれている一人なのかもしれません。
(訳 「星の瞬く間に」でお世話になりました。リザルト楽しみですね!)
《新入生》 アリア・カヴァティーナ 2019-04-25 00:00:13
皆さま、こんばんはですわ! 勇者暦2019年4月25日のはじまりをお知らせしに参りましたわ!
今日はどんなことがあるのでしょうか! 楽しみですわ!
《新入生》 エリカ・エルオンタリエ 2019-04-24 22:37:36
こんばんは。

次(今日か明日?)に最後の広場リザルトが公開されて、それを見て最後のプランを書くことができ、
その結果はイベント用のリザルトノベルで見られるという理解でいいのかしら?
《新入生》 ウェルカ・ラティエンヌ 2019-04-24 19:36:27
御機嫌よう、こんばんは、ですわ。

ロスタイム、楽しみですわね。
幾つかの結果を想定しつつ、検討しておきますわ。
《新入生》 アリア・カヴァティーナ 2019-04-24 00:00:11
皆さま……大ニュースですわ!!! なんと……今日は勇者暦2019年4月24日だそうですの!
わたくし、楽しみで楽しみで、つい、夜中にもかかわらずこうして登校してしまいますわ!!
《新入生》 アムル・アムラ 2019-04-23 23:32:33
こんばんは!
ロスタイムプランの提出期限は金曜日いっぱい。
どんな事ができるのか、ちゃんと見定めないとだね。(何も思いついてない顔)
《新入生》 グレイ・ルシウス 2019-04-23 22:03:37
【#華鬼】自由行動

ふむ……仕事帰りに立ち寄ってみれば、何か起きていた様だな。
良く分からんが、魔物絡みの事件か?
……鬼面?鬼の……仮面か。……そうか。
魔物でないなら俺のやるべき事は無さそうだな。

…………いや。全く関係がない訳でも、ないかもしれんか。
鬼面とやらが何処から侵入して来たのか、
痕跡を辿るくらいのことは、せめてしておくか。
(事後処理の為、『墜悪』の侵入経路及び行動開始地点の捜索)
《新入生》 朱璃・拝 2019-04-23 20:49:40
こんばんは。急に暑くなってきましたわね。

マイ先輩はお疲れ様です。最後に一つだけプランを提出できるのですね。私もリザルトをきちんと確認してプランに臨みたいと思いますわ。
《新入生》 アリア・カヴァティーナ 2019-04-23 14:28:34
いけませんわ……わたくし、今日の日付変更アナウンスを忘れておりましたわ!
そんなわけで、勇者暦2019年4月23日も、ちょうど6割ほど過ぎたところですわ!
皆さまの今日が素敵なものであることを願っておりますわ!
《新入生》 タスク・ジム 2019-04-23 06:05:37
おはようございます!

ロスタイム、ありがとうございます!
マイ先輩の頑張りには頭が下がるばかりです。

最後のリザルトを良く確認して、
最後の最後に「1つだけ」のプランを、大切に書きたいと思います。
リザルトノベルになるとのこと、ますます楽しみですね!!
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-23 00:54:46
【#華鬼】『定期更新』
※上記リザルト内容をご確認いただきましたら、
 26日23:59までに、広場にて
 【#華鬼】というタグをつけてご発言いただくことにて、
 最後に「1つだけ」プランを受け付けます。
 受け付けたプランは、ミニリザルトノベルとして広場以外のページにて公開させていただきます。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-23 00:54:31
※22日中に広場にて提出を受けているプランは、
 これまで同様広場にてリザルト化させていただきます。
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-23 00:54:25
【#華鬼】『定期更新』
うっす。お疲れ様だ。
皆の奮戦のおかげで、何とかカカオポッドは無事みたいだな。
この事態がどのような結果を迎えるのか、皆の活躍を、最後にもう一度聞かせて欲しい。
《新入生》 シキア・エラルド 2019-04-22 23:38:33
こんばんは、最終日は怒涛の勢いだったね…
サラシナ先輩もいつもありがとう、体調には気をつけてね?
《新入生》 ウェルカ・ラティエンヌ 2019-04-22 21:44:48
御機嫌よう、こんばんは、ですわ。

広場イベント、お疲れ様でした。
サラシナ先輩は、御無理の無い範囲で頑張って下さいませ。
《新入生》 アムル・アムラ 2019-04-22 18:38:10
こんばんはー!
広場イベントお疲れ様ー。
どんな結果になるかリザルトが楽しみ!

マイ先輩、報告書をまとめるのは大変そうだけど、パンクしない程度にがんばってねっ☆
《新入生》 タスク・ジム 2019-04-22 00:22:18
>マイ先輩

了解しました!待機状態を解除します。
ご心配痛み入ります。
先輩も、本当に無理なさらぬよう。応援しております。

では皆様、今度こそ、おやすみなさいませ~(ぐっすり)
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-22 00:17:29
※各種情報に関しては、発表に少々お時間を頂戴する形となりますので、待機されている方がおられました場合には、是非お休みになり、明日以降にお備え下さいませ。
《新入生》 タスク・ジム 2019-04-22 00:14:23
>マイ先輩

・・・って、ロスタイムですって~~!?
ね、寝てる場合じゃなくなったっ!!!(あたふた)

あ、でも、行動値尽きてるから、行動できないことには変わりないんですよね・・・(ふらりと、再びひざから崩れ落ちる)
《新入生》 タスク・ジム 2019-04-22 00:13:08
>アリアさん
こんばんは!
そうですね、広場イベント自体は終了時刻ですし、
それこそリザルトを楽しみにしながら、ゆっくり休みましょう・・・

(訳 中の人が→)では、お休みなさいませ~~…zzz
《新入生》 サラシナ・マイ 2019-04-22 00:10:43
※詳細はまとまり次第発表致しますが、本イベントにおいて若干のロスタイムをご用意致しました。
 続報をお待ち下さい。
《新入生》 タスク・ジム 2019-04-22 00:10:42
日付、変わりましたね!
あとは、マイ先輩の導きにより、事件の結末を見届けることですね…
(先輩、引き続き頑張ってください!無理はされませんように)

>ウェルカさん
判定的にはどうあれ、【絶対王政】には大いに鼓舞されました!
ありがとうございます!

>アムルさん
鬼面さんにホワイトチョコ!その手がありましたか~!
絶対美味しい!(行動的にも味覚的にも二重の意味で)
悔しい!ですが、そこにしびれる憧れる~~~!!

>朱璃さん
ありがとうございますっ!
今の体力を使い切った状態で、新手が来たらただじゃすまないところでした!
感謝します。

>ザコちゃんさん
チョコ、そんなにいっぱいもらったんですか~!?
いいなあ~。チョコ大好きなんですよ~。
(という雑談を、今はそれどころじゃないですが、後でするのかもしれませんね)
《新入生》 チョウザ・コナミ 2019-04-22 00:00:48

【#華鬼】自由行動

…学園に貰ったチョコ、結構な数あんのに賞味期限今日までじゃん。食べきんの無理っしょ。まいっか。
ゆーしゃ様達が頑張ってっし、ぶっちゃけ両方の意味で食指の動く魔物じゃなかったしー、
ぶっ倒れてくれるまで適当に眺めとこ。

…ま、焼いたら食べられるだろーし。せっかく持ってきたから砂糖とミルクにもぶち込んでみよ。
《新入生》 朱璃・拝 2019-04-22 00:00:35
あ、先ほどのは支援行動でしょうか。書き忘れていましたわね。
《新入生》 アリア・カヴァティーナ 2019-04-22 00:00:14
皆さま、こんばんはですわ! 日付が変わりましたわ!
今日は皆さま、ご機嫌はいかがですか? お芳しくない方がいらっしゃるようでしたら、ごゆっくりお休みくださいませ!
《新入生》 朱璃・拝 2019-04-21 23:59:52
時間的にこれが私も最後の行動でしょうか。ホワイトチョコで行動値回復、している筈ですわよね?

【#華鬼】

タスク様の呼びかけで、隠れている何者かがいるとしてタスク様を害そうとするかもしれませんから警戒しておきますわ。

その上でもしその何者かが直接乃至鬼面を使って何かしようとしたら動けないタスク様の前に出てその身をかばいますわね。

《新入生》 アムル・アムラ 2019-04-21 23:58:48
最後の行動!

【#華鬼】支援行動
ウェルカさん(カカオポッドさん)への攻撃があった場合、庇って【自己犠牲Ⅰ】。
その隙に動いてー!

【#華鬼】特別アイテム使用
更に鬼面さんに【ホワイトデーチョコ】を使用。
君も甘いモノ食べて落ち着いてっ!!