ステータス
れべる5 らんく1
たいりょく120 + 10 まりょく60 + 5
きりょく55 + 5
けいけん1460 つぎまで231

つよさ17 + 9 がんじょう18 + 13
きよう14 + 4 すばやさ16 + 3
かしこさ18 + 2 がまん17 + 15


学生寮 Lv 1

プロフィール アルバム フレンド グレイ・ルシウス 学生証 Student Card
称号 新入生 性別 男性
血液型 不明 身長 やや高い スタイル 細マッチョ
外見年齢 22 実年齢 外見よりやや若い 誕生日 9月29日
髪の色 肌の色 日本人肌 瞳の色 左:灰/右:灰
口調 ~だ、~だろう 敬語 使わない
一人称 二人称 お前
性格 真面目 利き手 右利き
生誕 自身の中に悔やんでいる「罪」を抱え生きてきた
目的 自身の使命を成し遂げたい
理由 どうしても成し遂げたい事を叶えるのに便利だった
種族 ヒューマン
専攻 黒幕・暗躍
上記の者は本学園の学生であることを証明する

自己紹介 経歴

やるべき事があり、やるべき理由もある。
だがその為の力が、知慧が、技術が、経験が足りない。
それでもやると決めた。決めて、武器を手に取った。

後は繰り返すしかない。着実に、執拗に、徹底的に。
試行錯誤だ。事が成るなら、手段は問わない。
――――――――――――――――――――――――――――
【外見】
灰色の髪に灰色の瞳。中肉中背の平凡な青年。
常に古びた皮鎧と要所を補強した皮兜で武装しており、
学生証の種族こそヒューマンとなっているものの
素顔を見たことがある者は極めて少ない。
また、当人もすすんで素性を明かそうとはしない。

【性格】
無遠慮で偏屈。禁欲的で真面目。慎重だが判断は早く、
まるで人間では無いかの様に作業的で事務的。
必要最低限の、自分にとっての事実しか語ろうとしない男。
ユーモアへの理解や相手への気遣い等も意識にはあるが、
とにかく不器用な性質の為、まず表には出てこない。

【戦闘】
良くも悪くも拘りがなく、見切りも決断も速度重視。
有効か、そうでないかの2択のみで物事を即断し、
場で利用出来る物を最大限利用して主導権を奪うスタイル。
その為、一騎討ちや果たし合い・決闘といった
正統派かつ王道の『対戦形式』には苦手意識がある。

【悪癖】
名前を呼ばれると大体1~半テンポ遅れ、
何処となくバツが悪そうな声音で返事をする癖がある。
また、人を呼ぶ時もあまり固有名詞を使わず、
「お前」「そこの」「そっちの」等の代名詞に頼りがち。

良くある話だ。十年程前になる。
山間にある小さな村が格の低い魔物に襲われた。
村の力自慢が追い払い、魔物はすぐに逃げ去った。
それまで平和な村だった。わざわざ追いかけなどしない。
少なくとも今までは、それで問題は起きなかったという。

そうしてたまたま。そう、ただの偶然でしかない。
この時に限ってそうではなかった。

真夜中、追い払った魔物が仲間を引き連れ戻って来た。
平和な村だ。警戒も十分とは言えなかった。
格の低い魔物でも群れに囲まれたなら脅威になる。
村の力自慢は力を揮う間も無く寝込みを襲われ死んだ。
村人が、自分達の村が魔物に襲撃されているのだと
気付いた頃にはもう、手遅れになっていた。

村人の誰か。魔物のどれか。どちらかが村に火を放った。
立ち込める黒煙に紛れて逃げられた奴がいた。
友人が、幼馴染が、家族が犠牲になると分かっていて。
抵抗すらせず、恐怖に負けて無様に逃げ出した。
そいつは何もしなかった。ただ、運が良かっただけだ。

けれど大半は逃げたくても逃げられない。
襲われ、奪われ、弄ばれ、嬲られ、殺される。
抵抗しない者も平等に。抵抗した者はより手酷く。
運が無かった何人かは生きたまま魔物共に連れ去られる。
誰も居なくなった村はそうして滅んだ。
そんな、この世界ではありふれた良くある話だ。

「逃げた奴はどうなった」か。
……さてな。
もしもその後野垂れ死んでないのだとすれば、
今もどこかで……生き恥を晒しているのではないか。